毎日ご苦労様です! スーパーカブ 110 プロ


ブログ頑張ります! タクミヤの中年オヤジです!

ご近所にお住いS様の愛車、ホンダ スーパーカブ C110 プロ。
ブレーキ/ドライブチェーン調整、オイル交換等のメンテナンスとヘッドライトバルブ交換のご依頼を承りました。

最寄り駅までの通勤に使用されており、新聞を配られているわけではないそうです(^-^;

先ずは上記メンテナンスから。

やはり毎日乗られているので消耗品といえる箇所はそれなりにくたびれております。今回は調整範囲で何とかいけるレベルでしたので、次回メンテナンス時の部品交換をお勧めいたしました。


C110 Fブレーキ


次にヘッドライトのバルブの交換です。


球切れとかではないのですが、この時期になると出勤/帰宅時と共に外は暗い時間帯の移動になるので白光のLEDバルブに変更してみようというご相談を頂いておりました。

当方でも「これはお勧め!」なんていうLEDバルブは知る余地もなく、ネットショップでひたすら検索・・・(^-^;

純正バルブ形状「PH7」対応、比較的口コミ評価が良く小ぶりな商品を数点ピックアップしオーナー様に決めて頂きました。


C110プロのヘッドライトは良く見かけるカブと違いフロントバケット前方に単体で装着されていて、他の配線を収容する必要がないからかライトケースが非常に小さい!(>_<)

取り寄せておいたバルブがケース内に収まるかどうかとドキドキしながら仮付けすると、何とか収まりました。

とりあえず装着可能という事が判明したので配線接続部を加工し点灯確認。OK!

車輌に取り付け、作業場のシャッターを閉めて前方を照らしてみると光は拡散!HIビームは明後日のほうを照らします(-_-;)
光軸調整をしたくても、既にケースにバルブ後方の冷却ファンが干渉するギリギリのところ迄下げています!

もう少しでも後方に下げられれば・・・ コーヒー飲みながらすこし考えます。

事前にライトケースの大きさから装着出来ない可能性もあるという事はオーナー様に伝えておりますが「やっぱり付けられませんでした」はちょっと・・・悔しい。


LED



バルブの干渉している部分を加工することにしました。
壊しちゃったら・・・ゴメンナサイ <m(__)m>

このバルブは冷却ファンのケースが四角のタイプでその四隅に本体と冷却ファン/ファンのカバーを固定するボルトが有るのですがその頭がケースに干渉しています。
ここを一段下げるように削り込みました。 これで数ミリは下げられるはず!
ファンのカバーはライトケースギリギリまで下げることにより異物の混入はほぼ無いと予測し外します。・・・というより固定する箇所を削ってしまったのでもう付きません(^-^;



さぁ~ これでどうよと再度組み込み点灯チェック! ・・・許容範囲に収まってるでしょうか?


純正バルブ
純正 PH7 ロー


LED
LED ロー



日中に納車となり当方で夜間走行状態を確認出来てはいないので、今度S様がお休みの時にでもどんな具合かを聞いてみようと思います。

スーパーカブ C110 プロ 



あとはどのくらいの耐久性があるか心配です。
説明書に日本語が記されていない商品でしたから・・・(*^。^*)



ミニトレ GT50 (FT1) レストア Ⅶ


すっかり秋めいて、朝晩の涼しさが心地良い?時期になってきました。
ご無沙汰しております。匠屋オヤジです。
つい先日(←ってお盆のときじゃねぇ~か!)の更新よりすっかりサボっておりました <m(__)m>

遅ればせながらお約束のミニトレ完成画像をUPさせて頂きます。



GT50 FT1 レストア車輌1

GT50 FT1 レストア車輌2

GT50 FT1 レストア車輌3

GT50 FT1 レストア車輌4

GT50 FT1 レストア車輌5

GT50 FT1 レストア車輌6



こんな感じで仕上がっております。
興味を持って頂けましたらwebサイトよりお気軽にお問い合わせください(^^)/
http://www.tansya.com

ミニトレ GT50 (FT1) レストア Ⅵ


お久しぶりで御座います。匠屋の中年オヤジで御座います。

8月も半ばとなり花火大会やお祭りなど各地で開催されておりますが、皆様も夏休みを満喫されておられるでしょうか?

当方も誠に勝手ながら明日の8月12日~8月16日まで夏季休業とさせて頂きます。
期間中はご不便、ご迷惑をお掛け致しますが何卒ご了承頂けますようますようお願い申し上げます。

明日はお休みといってもツーリングチーム「HUB」のツーリングに同行する予定となっており、半分仕事のようなものですが皆の雄姿を撮影してきたいと思っております。
天気予報は”雨”ですが・・・・(;^ω^)


さて表題のGT50ですがレストア作業の画像を引っ張り出してきたのでまた少し紹介させて頂きたいと思います。

ミニトレに限らずですが旧車を所有、レストアを考えられているオーナー様でちょっと厄介な部品は「シート」と思われている方は多いのではないでしょうか?(私だけ?)

なかにはリプロ品等も販売されておりますがそれもZ系等人気車の一部。
表皮は販売されていたり業者へ張替え等依頼することも出来ますがスチール製ベースの腐れは・・・(>_<)

今回の車輌に装着されていたシートも再生不能な状態でしたのでベースの状態が良さそうなものをなんとか探し入手致しました。


入手したシート。

GT50 ミニトレ シート バラシ


ベースは爪折れもない非常に状態の良い物。ただ表皮が切れていたのとブラストを掛けたかったのでバラシました。
すると案の定、状態の良いシートベースでもこのようにスポンジと接している面はサビだらけです。湿気の影響でしょうね。
40年程前の物なのであたりまえといえばそうですが・・・(~_~;)


スポンジに付着した錆びを削ぎ取り、ベースはブラスト掛け。

GT50 ミニトレ シートベース ブラスト処理

これまた予想通り(~_~;) 穴が開いてしまう所がありました。

ミニトレ GT50 シート 穴あき

補修を施し塗装。


表皮は前期型純正タイプの型押しと「YAMAHA」ロゴのあるものを仕入れ組み上げました。ブラケット等は再メッキほ施しております。

ミニトレ GT50 シート



こんな感じでなかなか手間暇掛けて製作したミニトレ50。
次回に完成車の画像をUPしたいと思います。お楽しみに (^^)/

また怒られてしまいました <m(__)m>


ご無沙汰しております。

九州地方の記録的な集中豪雨により、被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。
今なお非難されている皆様、復旧作業に従事されている皆様の安全と一日も早い復旧をお祈り申し上げます。


先日、熱烈な当ブログファン?の方から「いつんなったら更新するんじゃい!!」とまたもやお叱りを受けてしまいましたので灼熱の中(エアコン無し)PCの前に座っております。

急激に暑くなった関東地方、皆様熱中症等には十分にご注意下さいませ!



ここからは最近の当方作業をちょこっとご紹介。

長期保管で不動となってしまったお客様の「ヤマハ ビラーゴ250」が入庫・・・スミマセン。画像がこれしかない(T_T)

ビラーゴ250

XV250



キャブ内部は当然アオミドロ状態で分解清掃。インテークパイプも劣化による亀裂があったので新品交換。
エンジンオイル、ブレーキオイル、バッテリー、フロントタイヤ/チューブ新品交換。

ついでになぜかジェットヘルメット新品交換???? (^◇^)

以前は不具合なく走行していた車輌なので上記程度の作業で乗れるようになりました。
後は乗りながら気になるところを少しずつって感じで納めさせて頂きました。





こちらは以前より手を掛けさせて頂いている「スズキ GT380」

エンジン腰上O/Hより半年程経過し、慣らしも終わったとの事でオイル交換及びキャブ調整等で入庫して頂きました。
ん・・・・随分とフロントブレーキないてますね (-_-;) 前回入庫された時とはあきらかに違い引きずってます。
追加でキャリパーO/H。純正部品が出るから助かります。

GT380 Fブレーキキャリパー

GT380 Fブレーキキャリパー オーバーホール



それとアイドリングが不調。信号待ち等で「ストン」と止まってしまう時があるそうなのでそこもチェック。
これがやっかいでした。
入庫時に試乗した際走行時には不具合なし。高回転での吹けもプラグの焼け具合も問題なし。キャブのエアースクリュー/同調を調整するも変化なし。
こいつは点火系かと疑い確認したところアイドリング時の失火が見られました。
イグニッションコイル電源にリレーを割り込ませ供給電圧を安定させ、ポイント~イグニッションコイル間の配線を新たにしポイント/コンデンサ/イグニッションコイルを新品交換及び点火時期調整。多少改善されたものの失火が原因でストールする時があります。

ポイント接点の火花の散りが気になり新たにその個所のポイント/コンデンサを取り寄せ交換。バラツキは出るものの随分と良くなりました。
いや~これには参りました(~_~;) 電気系は目に見えないうえテスター等の計測だけでは判断しかねぬ不具合がみられたり。
新品部品だからと言って安心してはいけないのは承知しているつもりだったのですが・・・
数度の部品取り寄せ等時間も大分掛かってしまいお客様にはご迷惑をかけてしまいました。
・・・私も若干ノイローゼ気味になってましたので勿論画像はありません(;´Д`)

現車に取り付けられていたイグニッションコイルに不具合は無いようだったので元に戻し、改めてキャブ調整をし納車させて頂きました。






その次はお客様より頼まれておりました「ヤマハ FZR250R」 業者オークションにて仕入れる事ができました。
既に1台別車輌「スズキ ボルティー」を所有されているのですが「若いころの憧れのバイクだった」と探されておられました。
憧れの1台。 現車を確認されたときにはご満悦でした。

FZR250R-2


その若いころ~に戻ったつもりで無茶な乗り方はしないで下さいね。 安全運転でお願いします (^^)/




その他にも全く画像を取れていない車両の修理やなんやらをやっておりましたがつい先日希少車が軽整備依頼で入庫されたのでパチリ。

「スズキ GT550」 

GT550


たまに逆輸入車はオークション等でも見かけますがこの車両は 国内物 48年登録 バラキャブのGT550です。ちょこっとヤンチャ仕様になってますが・・・(^^;)
オイルラインの補修を行い試乗させて頂きましたが結構パワーが有り2ストの加速感・・・こりゃたまりませんなぁ~!





サボっていたのはブログだけで営業はちゃんと?しておりますので皆様これからも宜しくお願い致します。
さぁ もうひと踏ん張り!・・・・でもこの暑さには耐えられそうにない。ヤバイかも (^O^)/







ミニトレ GT50 (FT1) レストア Ⅴ

間が空いてしまいましたがミニトレ製作過程 足廻り編です。

フロントサスペンション・・・旧車のレストアベースと呼ばれる車体には良くみうけられる光景ですが分解したら御覧のとおり。

フロントフォーク 分解1

ヘドロ?がびっしり。既にオイルとは言えない物質となっておりました。

フロントフォーク 分解2

インナーチューブの錆びも深く、再利用するには厳しい状態です。勿論想定内 (^^;)

アウターチューブはブラスト処理後のウレタンシルバー塗装。インナーチューブは以前に再メッキ処理を施し保管していたものを使用致します。
オイルシール/ガスケット等は新品交換。トップボルトやアウターナット等は再メッキを施しております。
フォークオイルはG10を使用。

フロントフォーク 組み込み


リヤショックは形状が違ってしまいますが純正と近い寸法の物を探し、社外新品を使用しました。


ホイールハブ


ブレーキシュー



ホイールハブは表面のブラスト処理後、塗装ではなくバフ掛けしております。ブレーキシューはベスラ製の新品を前後組み込みました。

ホイール/スポーク組み込み


ホイールリムとスポークは再メッキ処理するか悩んだのですが、母材の状態を考慮し社外新品を使用することにしました。
タイヤも勿論前後新品です。


つづく・・・・・予定(^^;)

検索フォーム
バイク保険
RSSリンクの表示
リンク