FC2ブログ



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また怒られてしまいました <m(__)m>


ご無沙汰しております。

九州地方の記録的な集中豪雨により、被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。
今なお非難されている皆様、復旧作業に従事されている皆様の安全と一日も早い復旧をお祈り申し上げます。


先日、熱烈な当ブログファン?の方から「いつんなったら更新するんじゃい!!」とまたもやお叱りを受けてしまいましたので灼熱の中(エアコン無し)PCの前に座っております。

急激に暑くなった関東地方、皆様熱中症等には十分にご注意下さいませ!



ここからは最近の当方作業をちょこっとご紹介。

長期保管で不動となってしまったお客様の「ヤマハ ビラーゴ250」が入庫・・・スミマセン。画像がこれしかない(T_T)

ビラーゴ250

XV250



キャブ内部は当然アオミドロ状態で分解清掃。インテークパイプも劣化による亀裂があったので新品交換。
エンジンオイル、ブレーキオイル、バッテリー、フロントタイヤ/チューブ新品交換。

ついでになぜかジェットヘルメット新品交換???? (^◇^)

以前は不具合なく走行していた車輌なので上記程度の作業で乗れるようになりました。
後は乗りながら気になるところを少しずつって感じで納めさせて頂きました。





こちらは以前より手を掛けさせて頂いている「スズキ GT380」

エンジン腰上O/Hより半年程経過し、慣らしも終わったとの事でオイル交換及びキャブ調整等で入庫して頂きました。
ん・・・・随分とフロントブレーキないてますね (-_-;) 前回入庫された時とはあきらかに違い引きずってます。
追加でキャリパーO/H。純正部品が出るから助かります。

GT380 Fブレーキキャリパー

GT380 Fブレーキキャリパー オーバーホール



それとアイドリングが不調。信号待ち等で「ストン」と止まってしまう時があるそうなのでそこもチェック。
これがやっかいでした。
入庫時に試乗した際走行時には不具合なし。高回転での吹けもプラグの焼け具合も問題なし。キャブのエアースクリュー/同調を調整するも変化なし。
こいつは点火系かと疑い確認したところアイドリング時の失火が見られました。
イグニッションコイル電源にリレーを割り込ませ供給電圧を安定させ、ポイント~イグニッションコイル間の配線を新たにしポイント/コンデンサ/イグニッションコイルを新品交換及び点火時期調整。多少改善されたものの失火が原因でストールする時があります。

ポイント接点の火花の散りが気になり新たにその個所のポイント/コンデンサを取り寄せ交換。バラツキは出るものの随分と良くなりました。
いや~これには参りました(~_~;) 電気系は目に見えないうえテスター等の計測だけでは判断しかねぬ不具合がみられたり。
新品部品だからと言って安心してはいけないのは承知しているつもりだったのですが・・・
数度の部品取り寄せ等時間も大分掛かってしまいお客様にはご迷惑をかけてしまいました。
・・・私も若干ノイローゼ気味になってましたので勿論画像はありません(;´Д`)

現車に取り付けられていたイグニッションコイルに不具合は無いようだったので元に戻し、改めてキャブ調整をし納車させて頂きました。






その次はお客様より頼まれておりました「ヤマハ FZR250R」 業者オークションにて仕入れる事ができました。
既に1台別車輌「スズキ ボルティー」を所有されているのですが「若いころの憧れのバイクだった」と探されておられました。
憧れの1台。 現車を確認されたときにはご満悦でした。

FZR250R-2


その若いころ~に戻ったつもりで無茶な乗り方はしないで下さいね。 安全運転でお願いします (^^)/




その他にも全く画像を取れていない車両の修理やなんやらをやっておりましたがつい先日希少車が軽整備依頼で入庫されたのでパチリ。

「スズキ GT550」 

GT550


たまに逆輸入車はオークション等でも見かけますがこの車両は 国内物 48年登録 バラキャブのGT550です。ちょこっとヤンチャ仕様になってますが・・・(^^;)
オイルラインの補修を行い試乗させて頂きましたが結構パワーが有り2ストの加速感・・・こりゃたまりませんなぁ~!





サボっていたのはブログだけで営業はちゃんと?しておりますので皆様これからも宜しくお願い致します。
さぁ もうひと踏ん張り!・・・・でもこの暑さには耐えられそうにない。ヤバイかも (^O^)/







スポンサーサイト
検索フォーム
バイク保険
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。