毎日ご苦労様です! スーパーカブ 110 プロ


ブログ頑張ります! タクミヤの中年オヤジです!

ご近所にお住いS様の愛車、ホンダ スーパーカブ C110 プロ。
ブレーキ/ドライブチェーン調整、オイル交換等のメンテナンスとヘッドライトバルブ交換のご依頼を承りました。

最寄り駅までの通勤に使用されており、新聞を配られているわけではないそうです(^-^;

先ずは上記メンテナンスから。

やはり毎日乗られているので消耗品といえる箇所はそれなりにくたびれております。今回は調整範囲で何とかいけるレベルでしたので、次回メンテナンス時の部品交換をお勧めいたしました。


C110 Fブレーキ


次にヘッドライトのバルブの交換です。


球切れとかではないのですが、この時期になると出勤/帰宅時と共に外は暗い時間帯の移動になるので白光のLEDバルブに変更してみようというご相談を頂いておりました。

当方でも「これはお勧め!」なんていうLEDバルブは知る余地もなく、ネットショップでひたすら検索・・・(^-^;

純正バルブ形状「PH7」対応、比較的口コミ評価が良く小ぶりな商品を数点ピックアップしオーナー様に決めて頂きました。


C110プロのヘッドライトは良く見かけるカブと違いフロントバケット前方に単体で装着されていて、他の配線を収容する必要がないからかライトケースが非常に小さい!(>_<)

取り寄せておいたバルブがケース内に収まるかどうかとドキドキしながら仮付けすると、何とか収まりました。

とりあえず装着可能という事が判明したので配線接続部を加工し点灯確認。OK!

車輌に取り付け、作業場のシャッターを閉めて前方を照らしてみると光は拡散!HIビームは明後日のほうを照らします(-_-;)
光軸調整をしたくても、既にケースにバルブ後方の冷却ファンが干渉するギリギリのところ迄下げています!

もう少しでも後方に下げられれば・・・ コーヒー飲みながらすこし考えます。

事前にライトケースの大きさから装着出来ない可能性もあるという事はオーナー様に伝えておりますが「やっぱり付けられませんでした」はちょっと・・・悔しい。


LED



バルブの干渉している部分を加工することにしました。
壊しちゃったら・・・ゴメンナサイ <m(__)m>

このバルブは冷却ファンのケースが四角のタイプでその四隅に本体と冷却ファン/ファンのカバーを固定するボルトが有るのですがその頭がケースに干渉しています。
ここを一段下げるように削り込みました。 これで数ミリは下げられるはず!
ファンのカバーはライトケースギリギリまで下げることにより異物の混入はほぼ無いと予測し外します。・・・というより固定する箇所を削ってしまったのでもう付きません(^-^;



さぁ~ これでどうよと再度組み込み点灯チェック! ・・・許容範囲に収まってるでしょうか?


純正バルブ
純正 PH7 ロー


LED
LED ロー



日中に納車となり当方で夜間走行状態を確認出来てはいないので、今度S様がお休みの時にでもどんな具合かを聞いてみようと思います。

スーパーカブ C110 プロ 



あとはどのくらいの耐久性があるか心配です。
説明書に日本語が記されていない商品でしたから・・・(*^。^*)



スポンサーサイト

男カワサキ! GPz400F-Ⅱ 現在作業中!


11月に入り、随分と気温が下がってきて私の大嫌いな季節がもうそこまで来ているようです。
なぜか気持ちも寂しくなってしまうこの時期。緑の無くなった木々を眺めながら何時ぞやのことを思い出す・・・

な~んて暇、匠屋オヤジにはありません!! 今日も工具片手にへんな汗かいてます!


現在作業中のKAWASAKI GPZ400F-Ⅱです。

エンジン不動のベース状態で入庫した為外観は綺麗ですが一通りの整備中です。

1型に比べ2型はあまり出回っていない車輌で希少車種といっても良いかもしれません。
なのでF-Ⅰの物で流用できない外装部品等の調達には多少梃子摺っております (>_<)

GPz400F-2


男カワサキ GPZ


頑張って仕上げていますので、新オーナーさん。もうちょっと待っててくださいね(^_^;)


CBX550F インテグラカウル装着しました!


8月のツーリングでも一緒に館山に出かけたミッチャンのCBX550F。
これから寒くなるからということでインテグラカウルを装着しました。
若い頃は寒さなんてなんのその! 雨風吹こうがバイクにまたがっていましたが、風の当たりを少しでもかわそうという中年のあがき?です(~_~;)

ただしこいつがちょっとやそこらの物ではありませんでした。
どこから見つけてきたのやら、当時メーカーオプションで出ていたらしい「アンダーカウル」を持って来ました!
・・・初めて見た(^_^;)


ブラケットが無かったので現物合わせで作成。仮付けしたらこんな感じ。

CBX550 インテグラ



塗装の依頼をお受けしたので取り外して上部のカウルのみでとりあえず納車しました。

納期はいつでも良いという事で、お言葉に甘え他の作業をしながら進めていきます。

アンダーカウル 下塗り



塗装後はどんな感じでおさまるのでしょうか?
作業している私も楽しみです \(~o~)/


GT380 充電系トラブル!

私にとっては奇跡的行動です。
お約束どおり2日続けてのブログ更新です!

只今作業しているのは「SUZUKI GT380」
充電系トラブルでの入庫です。

GT380


症状はステータ/ローターからのハーネスを車体側のハーネスに接続するとエンジンストップ。ハーネスを外すとエンジンは正常に稼動しアイドリングも良好。もちろんバッテリーに充電はされません。

レギュレーター/レクチは1体型の新品をオーナー様が用意されていました。とりあえずこれは問題ないのではと判断。
ポン付けは出来ないし、純正のプレートを加工してしまうのも嫌なのでBKTを製作して固定。

レギュレーター/レクチ


問題のステータ/ローターはハーネスを含め目視にて損傷箇所やブラシの磨耗度等怪しい箇所を確認。次にテスターにて各部の導通や断線等確認。異常なし!

ステータ及びローターを車体から取り外して再度確認。
んんん・・・!
ローターのスリップリング間の抵抗を計測したら1.5Ωしかない。
これでないでしょうか・・・?

ここの不具合で発電するどころか変に電気が食われて失火したのでは?・・・違うかな (^_^;)

とにかくローターに不具合があるのは間違いないのでオーナー様と相談し、ローターと、せっかくなので一緒にステータコイルの巻きなおし、ブラシの交換ということで進めていきます。


2日連続ブログ更新という偉業? を達成したので「中年ダメオヤジ」は撤回!普通の「「中年オヤジの奮闘記!」で勝手に続けさせて頂きます (^.^)/~~~

セルモーターが大変なことに!


中年オヤジ仲間のCBX550F。今回タコメーターギア部のオイル滲みで入庫。
その際セルモーター付近からのオイル滲みも気になると相談されました。
タコメーターギア部はオイルシール/Oリング交換して解消。

セルモーター付近からのオイル漏れは、以前に差し込み部のOリングを交換したのですが改善されず・・・(T_T)

取り外してもOリング損傷は確認出来ず、こいつはモーター本体内部から漏れているのでは?

モーターを取り外しバラしてみたら・・・ビンゴです。

CBX550F セル1

CBX550F セル2



ヘドロのようなオイルがだらだら垂れてきました。

セルモーター自体は正常稼働しており始動するにあたり不具合が無かった為前回は内部まで確認しませんでした。あまかったですねぇ~ (>_<)

CBX550F セル3


各部を清掃、オイルシール/ベアリングを新品交換し、グリスを付けながら組み立て。
取り付け前にギュンギュン回ることを確認後車体に取り付け、完成です。


それにしてもこの時期のパーツクリーナーは死ぬほど冷たいです(T_T)



検索フォーム
バイク保険
RSSリンクの表示
リンク